【メモ】資金計画を立てる際に使う6つの係数が覚えられない

ライフプランニングと資金計画で出題される「6つの係数」がややこしくて覚えられないのでメモ。

6つの係数

  • 終価係数
  • 現価係数
  • 年金終価係数
  • 減債基金係数
  • 資本回収係数
  • 年金現価係数

終価係数

現在の資産を複利運用した際に、将来の金額がいくらになっているか求める。例えば、

「100万円を年利3%で10年間運用したときにいくらになるか」

を求めたい時に利用する。

普通に資産運用する際に使う係数

現価係数

将来のある時に、目標金額を達成するには元本がいくら必要なのかを求める。例えば

「年利3%で10年間運用した時に、100万円になるには元本がいくら必要か」

を求めたい時に利用する。

資産運用を考えた際に、現在必要な額を求める係数

年金終価係数

毎月一定額を積み立てた場合に、将来いくらになっているか、元本と利率の合算分を求める。例えば

「毎年5万円を年利3%で10年間積み立てた場合に、10年後の金額はいくらか」

を求めたい時に利用する。

年金と名がつくのでややこしく感じるだけ。実際は積み立てなので、iDeCo(確定拠出「年金」)の運用を考える際に使う係数

減債基金係数

一定期間後に一定額を用意するために、毎年の積み立て額を計算して求める。例えば

「年利3%で5年後に200万円を用意するためには、毎年いくら積み立てるか」

を求めたい時に利用する。

基金を作るので積み立て。

資本回収係数

現在の一定金額を一定期間をかけて取り崩した場合に、毎年の受取額を計算して求める。例えば、

「100万円を年利3%で運用しながら10年間で取り崩した場合の受取額はいくらか」

を求めたい時に利用する。

年金をインデックスファンドで運用しながら、少しずつ回収していくことを考える係数

年金現価係数

将来の一定期間にわたって一定額を受け取るために必要な元本を計算して求める。例えば

「10年にわたって10万円を受け取りたい。年利3%のときに必要な元本はいくらか」

を求めたい時に利用する。

現価なので、現在の資産を求める。年金なので、受け取り

まとめると

  • 終価係数:普通に資産運用する際に使う係数
  • 現価係数:現在必要な額を求める係数
  • 年金終価係数:iDeCo(確定拠出「年金」)の運用を考える際に使う係数
  • 減債基金係数:基金を作るので積み立て
  • 資本回収係数:年金をインデックスファンドで運用しながら、少しずつ回収していくことを考える係数
  • 年金現価係数:現価なので、現在の資産を求める。年金なので、受け取り

よし!覚えた!??

コメント